池上本門寺 2020年のお会式を歩く

毎年10月12日の夜は、池上駅から池上本門寺の門前まで、露店と練り万燈が埋め尽くす、とても賑やかな夜だ。

今年、2020年の10月12日。コロナウィルスの影響で万燈練供養は中止になった。石段の下から見上げた池上本門寺は一見、普段と変わらない静かな夜のように見えた。

石段を登って近づく。大堂がいつもより明るいのがやっと分かる。

門前のお堂も今夜は明るい。


そして聞こえて来る太鼓の音とお経。

大堂の前に万灯が1本だけあった。

大堂の中は明るく、お経と太鼓の音が響いていた。明け方までお経を続けるんだそう。

 

大坊の方へ降りる階段。


暗闇の中、頭上の提灯を頼りに歩く。森の中、付近の塔頭からお経が聞こえてくる。現代の東京とは思えない空間。中世にタイムスリップしたような気分。

大坊。日蓮上人のまさにご臨終の地とのことで、こちらでもお経が読み上げられていた。

たくさんの人々-たぶん檀家さん達が、お堂で聴いていた。

お経と太鼓で大音声だった大堂とは違い、こちらはお葬式やお通夜で感じるような、供養の雰囲気を感じた。

 

日蓮上人をしのぶための法要が、いつから露店賑わうお祭りになったのかはよく知らない。いつものお会式の日はただ露店で遊んで、供養であることに思いを馳せる事なんてなかった。

「しめやか」そんな言葉が似あうと思いながら、普段のお会式の時には、大混雑で近寄ることもできない本門寺の周りを歩いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください