古い木箱への寄せ植え 9月/日日草が次々に花をつける

8月、整理する前の鉢は上から見るとこんなだった。

お化けみたいに伸び放題の茎が目立つ一方で、真上からみると、鉢の中の地面は何も生えていない部分が多かった。

そして、鉢の中を整理した。茎を切り戻し、鉢ごと塊になるほど巡った根を減らし、新しい草花の苗を足した。

 

約一か月経った。

鉢の中は全体に元気よく生長している。剪定した茎から脇芽が出て、みるみるうちに伸びる。みるみるボリュームが増した。鉢もはや見えず。

日日草は毎日いくつもをつけている。見ていて楽しい。なんだか全体的に、若返った。

あまりにも勢いよく茂るので、9月3週目に少し剪定した。クリスマスローズが健気に生えていたが、他の草の成長の勢いがよく完全に埋もれてしまっている。

そしてやはり、鉢の後ろ側の日当たりが悪い方だけ、お化けのようにひょろっと伸びる。日光がまんべんなく当たるように移動させよう。

徒長の原因をネットサーフィンで調べる。

密集も徒長の原因になるんだな。今後は、根が鉢の中を周りきる前に整理をしよう。

鉢の中の植物が、全体的に元気で花をたくさんつけているのは嬉しい。どこからか種が飛び込んで来て生えた雑草を入れると、9種類の植物がこの古道具の箱の中に植わっている。植物豊かな庭を切り取ったみたいで楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください