ピーター・ドイグ展/東京国立近代美術館 パラレルワールドにいるような感覚を楽しむ

東京国立近代美術館のピーター・ドイグ展に行って来た。雨の日。

ピーター・ドイグの絵の中の風景は、私たちの住んでいる世界の風景にちょっと似ているけど、まったく同じではなくて、例えば夢の中や、小説の中で感じるような、少し違う世界の風景を見ている感じした。

「ちょっと違う世界を描いた絵」は、見ていてなんだか怖くなることがある。子供のころ、ムンクの「叫び」は怖くて吸い込まれそうに感じていた。怖く感じた絵のいくつかは夢に出て来た。

ピーター・ドイグの絵は、例えば森が赤系の色で塗られたりしていて、普段は「怖い絵」と思ってしまうような要素がある。

にもかかわらず、なぜか怖くなくて、子どもの頃に読んだおとぎ話の国にいるような暖かい感じがした。

陽気だけど楽しすぎず、静寂も感じるような風景。

異世界な感じを演出する技巧の解説も、読んでいて面白かった。雪景色を描いているというより、まるでキャンパスに雪が積もっているように描いてあるんだとか、暗色の木々の向こうに眩しい白い建物を書くことで、暗色の木々が、見る人と絵の間にスクリーンがあるように感じさせているとか。

展覧会の最後には、ドイグによる映画のポスターが並ぶ。

音声ガイドは女優ののんさんがやっているそうだ。借りてみればよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください