水槽のpHを測るために、試験紙とメーターを揃えた

水槽の水のpHを、定期的にチェックしていきたいと思っている。去年、金魚水槽で失敗した原因はpHが酸性に傾いてしまったのが原因じゃないかと思っているからだ。

pH試験紙を購入

Amazonで適当に選んだ。どれでもあまり違わないだろうと思い、測りたいpH帯が合うこちらのpH試験紙を購入。


商品ページを良く読まずに購入したのだが、パッケージには「For Saliva & Urine」という書かれており、唾液または尿のpH検査用の試験紙のようだ。まあいいや。目安程度に使えないこともないだろう。

日本語で使用方法が書かれたカードが同封されていた。

どんなpH 試験紙もそうだと思うが、使い方は慣れが必要だ。
試験紙を濡らした直後の色が正確で、色は何秒かでどんどん変わっていく。速やかに標準の色と比較してpHを読み取らないといけないのも、慣れるまでは難しい。

濡らしてから写真を撮るまでに何分かたったので、特に上側の試験紙は、極端な酸性を示す色に変わってしまっている。同じ水をpHメーターで測るとpH6.9で中性。

試験紙の濡らし方も難しい。測りたい水に、試験紙を直接浸した時と、一滴だけ用紙に垂らした時とは、色調が違ったりする。

色んなやり方があると思うけど、私の場合は、用紙を水に浸すのではなく、一滴だけ垂らすやり方を採用することにした。後で述べるpH メーターで測ったpH と最も近いことが、経験的に分かったからだ。

このように、測り方による再現性が難しく感じたため、結局pHメーター買って併用することにした。

pHメーターを購入。

大学や企業の実験室で使うpHメーターは、数万円した記憶がある。Amazonで買ったのは2000円台。
安い。
間違った数値を示さないかと不安になるくらい安い。

校正溶液(標準緩衝液)を作るための粉末つき。ちゃんと、pH 4,7, 9の三点で校正できるようにしてくれているのは、この価格にしては頼もしい。

日本語の使用説明書も同封されていました

粉末は各 1包ずつ同封されていて、それぞれ250 mLの水で溶かす。超純水なんて自宅には無いので、浄水器の水で代用。
250mL も一度にできてしまう。校正で使うのには、50mLもあれば十分だ。普段の校正で使う用に、小さい瓶に小分けした。残りの校正溶液は、ストックとして冷蔵庫にしまっておく事にした。浄水はカビとか藻とか出やすいから。

※後日談 2週間後、瓶に小分けして常温に置いておいたpH4の溶液は、青カビが浮いていました。冷蔵庫に入れておいたほうはカビていませんでしたが。

冷蔵庫に入れておいた校正のストック液を使う時は、温度によってpHが変わることに注意したい。特にpH9の溶液は、液温10℃だと9.33だが、25℃だと9.18。室温に戻さないで校正すると、0.15くらいpHがずれることになるので気をつけたい。

校正する。実験室と違って、超純水もキムワイプも自宅には無いから、電極部分を水道水で洗浄して、キッチンペーパーで拭う。水道水やキッチンペーパーにも色んな薬剤が使われていると思うから、電極を痛めてしまわないか心配だ。

校正中。

大学でも企業でも、電極は繊細に扱うよう先輩に言われてきたことを思うと、こんな扱いで壊れてしまわないか不安だけど。割り切る必要があるな。

前日に校正をして、翌日にはpHメーターが示す数値が正しくなかったが事がある。それと、測りたい水にメーターを浸けてから、表示されるpH の数値が安定するまで、とても時間がかかることがある。某国内メーカーの何万円もするメーターでは、どちらも起こらなかったと記憶している。価格が何十分の一であることを考えると、仕方ないだろう。

ちゃんとpHを測れているか、色々と心配になるので、結局、使う前に校正し、使った後にも確認のため校正する。さらに、pH試験紙でも、同じ水が似たようなpHを示すかどうか、確認している。結構な仕事。仕事や子供のことで追われる平日には、なかなか実現できない手間。

結局、pH 試験紙がけっこう便利だと気づいて、毎日のpHチェックはメーターでなく試験紙でやっている。そして、pH の変動が気になる傾向を示した時にはpHメーターでチェック。掛けられるお金と手間と測れるpHの正確さを考えると、いい所に落ち着いたと納得している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください