【実践】珪藻土マットの吸水力を紙やすりで復活させる

最近、以前より水を吸わなくなった、我が家の珪藻土マット。風呂上り、マットがしたたり落ちる水を吸わなくて、足元に小さな水たまりができてしまうほどだ。

毎日踏みつけることでマットの表面が摩耗したのか、はたまた使っているうちに、皮脂や汚れが詰まって来たのか。

紙やすりで表面を削ると簡単に吸水力が復活するとネットで調べた。だからやってみた。
 
削っている途中。だんだん表面が削れて粉が出て来る。

紙やすり目の粗さは、適当。家にあったやつで#120。粗い方のやつだと思う。

10分ぐらいガリガリ擦ったら、マットの表面の色が、灰色から段々白っぽくなってきた。

そして思う。いつ、やすりがけを終わろうか。

あまり一生懸命やるぐらいなら、新しいの買ったほうが安い。このマットはたしか値段が1980円くらいだった。私の時給が1000円だったとしても、2時間も手間をかけるよりも、新しいのを買った方が安い。そしてその時間で、別の事したほうが良さそうだ。

結局、全部で10分位やすりがけした所で暑くなって来たからやめた。

それでも、マットの吸水力は劇的に回復した。家族の誰かが使った後に水たまりが出来ていることもなくなった。

ビフォーアフターの動画を撮ってみた。一応掲載するけど、かける水の量が多すぎて、ビフォーアフターの違いが全然わからない、たいへん微妙な検証動画になった。
ヤスリで削った後方が水がサッと表面を広がっていく‥ように見えなくもない。

やすりがけ前

やすりがけ後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください