ベランダのメダカ 2020 晩夏

お盆が過ぎた頃。
まだ暑かった。

ホームセンターで買ってきた、「川メダカ」。
色鮮やかなメダカもいいけど、原種に近そうなこのメダカが、暑さ寒さに強そうだと思って選んだ。

屋外の暑さに対応できるかどうか心配だったけど、最初の四週間は、一匹も減らずに無事超えた。

一応ポンプを入れている。ベランダには電源がないので、ソーラーで動くポンプを買った。
気温が高い時は、水の中の酸素が減ると聞いた。

24時間ずっと動いている訳ではないけど、無いよりはましだと思いたい。

水温はだいたい、最高気温35℃の日の午後で、32℃くらい
びっくりするくらい水が蒸発して減る。1日1L以上は補給している。
ありあわせの物で日かげを強化。

バクテリアのろ過が効くといいと思い、土は多めに入れている。このコンテナの容量はだいたい20Lだけど、少なくとも6Lは土を入れた。

屋外飼育は水を足すだけでよいと聞くけど、水はたまに換えている。
それがメダカにとって良いかどうかは分からないけど。
メダカ飼育は何回か失敗してる。今回は長生きしてほしい。

同じベランダに置いてある陶器の壺の中の水は、36℃。水の容量は5Lくらい。
温度変化やばい。
こっちには、真夏はメダカ入れられないな。

浮草はかなりの勢いで増える。
水草も元気。

この夏すごい勢いで茂ったのが、ウォーターバコパという草。

5月に投入して放置していたら、根も茎も、お化けみたいに伸びてた。
伸びすぎた根や茎は一旦整理した。
カットした茎を土に刺しておくと、何事も無かったみたいに元気そうなのがまたお化け。

9月になったけど、浮草もその他の植物もまだまだ生長している。
秋はどんな風に変化するだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください