ブラーバ バッテリー交換を決意。

さいきんふと気づいた。乾拭きモードではリビングの全体を隅々までしてくれるのに、水拭きモードは、部屋の全体をやらずに終了している。

それでも使い続けていたら、水拭きはリビングの1/5くらいの部分しかやってくれなくなった。それでも、乾拭きはリビングの全体やってくれているけれど。

水拭きを中途半端なまま終えた後、電源を入れなおそうとすると、聴きなれない高い音のビープ音がした。この音だった。

購入してからは一年とちょっとだ。平均で2日に1回は運転させてた。
充電しなおしなど、取説に書いてあるいくつかの処置をして、それでも稼働時間が短い場合は、バッテリーの交換が必要なのだと交換を決意する。

いざ、バッテリーの交換だ

上にリンクを貼った先の取説にやり方が書いてありますので、ご覧になりながら進めてください。
p.28です。

マイナスドライバーでバッテリーが入っている所の蓋を外す。

コードの先のコネクターを引っこ抜く。しっかり根を張った雑草を抜くくらいの力は要ります。

交換するのは、純正じゃないけど、アマゾンがお勧めしていたバッテリー。
我が家のブラーバ380j対応。そして、ISO規格も満たしているとかで、品質もちゃんとしていそうで選んだ。
 
なんと、電池の容量であるmAh数が純正のと違うことに気が付く(買う前に気付いとけよ)

 
購入時から装着していた、純正のバッテリー:2000mAh (7.2V)
今回購入したバッテリー: 3600mAh (7.2V)

 

電池の容量が大きくて、稼働時間が長いだけで済むならいいけど。
慌てて商品ページを確認。

「容量の大きな電池を使用しても本体に悪影響はありません。」とのこと。やれやれ安心。
 稼働時間が長くて安くて保証も付いているのであれば、良いことずくめなバッテリーじゃないか。


 
バッテリーを取り付けるのは、取り外しの逆の操作なので、簡単だった。
 
そして、掃除再開!

やりました!!!バッテリー交換後は、止まることなく、リビングの全体を拭き掃除してくれています
しかも、一回の充電で動いてくれる時間がものすごく長くなりました。

バッテリーを長く使うために

取扱説明書をよく見ると、こう書いてある。

次の行為は、バッテリー破損の原因になります

・ACアダプターが電源コンセントに接続されていない状態で、急速充電スタンドやACアダプターにブラーバを接続する
・急速充電スタンドやACアダプターに接続せず、ブラーバを一週間以上放置する

ブラーバを購入してから今まで、そんな扱い方をしなかったかと言い切れない。
これからは気をつけよう。長く使おう。