【QC検定2級 通信講座】学習3か月目に突入

こちらの講座を受講しています。

2か月目(2回目)の提出課題をなんとか解き終え、ポストに投函しました。
2か月目の目玉は統計検定。
t検定やF検定をやるのは、学生時代の実験の実習以来だし、当時もエクセルを使ってサッと判定させたくらい。だから、本質的にはあまり理解していなかった…。
この歳になって、数式を覚え、解きという作業をするのは想像以上に苦しかったですが、なんとかテキストの演習問題も解き、課題も提出しました。

そして、テキスト3冊目の学習に突入。テキストは一か月に1冊を学習し、1冊ごとに課題を1回提出する。
3冊目は実験計画法が登場します。実験計画法も、概念を数式として捉える学習が必要になりそうです。
これも、私もこれまでの会社員人生で、「こうやって実験条件を組んだらいいよ」的、さらっとした概要を聞いたことがある程度で、理論や実践にちゃんと取り組んだことが無かったので、新しい知識を学ぶとき独特の苦しさが待っていそうです。が、きちんとした知識が増えることの達成感に、先月、変な味を占めたので向き合いたいと思います。

この時代なので、グーグルで検索するだけでも、お金をかけず知識を得ることができます。たとえば、上記の統計検定については、解説しているホームページがたくさんあるのです。
でもなかなか、グーグル先生だけを頼りに、体系的に知識を習得するのは難しいように感じます。通信学習のような講座にお金を払って、よくまとまったテキストを得て、練習問題を解いて、知識を定着させるのは、やっぱり密度が濃い学習ができて良いと思います。早くも、次は何の講座を受講しようか考え出していたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください