結局やまぶきRを使い続けることにした【親指シフト】

会社のPCでも自宅のPCでも、「やまぶきR」というアプリを起動させて親指シフト入力をしています。
ここ1年くらい、Microsoft Wordを立ち上げた時に、起動しているはずの「やまぶきR」が作動しなくなり、ローマ字入力になってしまうという現象が起こっていました。それが起こった時にどうするかというと、やまぶきRを一旦終了させ、再度やまぶきRを起動するという操作をしています。

複数のWordファイルを開いて編集して…といった作業をする時は、そのたびにやまぶきRを起動しなおさなければならないため、ちょっと面倒だなと思っていました。この問題、どうやって解決するか、私がグクッてみた範囲ではちょっとわかりません。

このたび、仕事用のPCが更新になり、親指シフト用アプリをインストールしなおして貰う必要があったので、解決するかわかりませんが、DvorakJというアプリをインストールしてもらいました。
DvorakJで親指シフト入力してみると…タイプミスが頻繁に起きてしまうのです。特に、シフトキーを押しながら「同時打鍵」で入力する文字の時に。
そして、プライベートのPCで入力している時はそんなにタイプミスは起きないのですが、なぜか、仕事用のPCで頻繁に起きてしまうようです。

という訳で、プライベートPCでは、このままDvorakJを使い続けてみたいと思いますが、仕事用のPCではやまぶきRを使い続ける所に落ち着きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください