【感想】東京都写真美術館 マイケル・ケンナ写真展 2018年12月1日~2019年1月27日

MICHAEL KENNA A 45 Year Odyssey 1973-2018
2018.12.1(土)—2019.1.27(日) 東京都写真美術館 B1Fにて

オデッセイは旅のこと。イギリス出身の写真家 マイケル・ケンナ(Michael Kenna, 1953- )が、過去45年間に世界各地で撮りためた風景を展示する。

イギリスはもちろん、ニューヨークから、日本の北海道、琵琶湖、そして中国など。
    
全てモノクロの写真。
 
「一瞬を切り取る」という表現を、写真を表現する時によく聞くけど、マイケル・ケンナの写真は時間の流れのうちの「一瞬」というより、被写体を取り巻く360度四方八方のうち「とある角度」を切り取っているように見えた。
 
木の並び、建物の形。まるで、幾何学模様のポスターのように見えた。
  
空の雲までもが、計算されてそこにあるみたいだった。 

 
●マイケル・ケンナの写真。
  

  
 
●写真美術館でも放映されていた、マイケル・ケンナの撮影風景 

一本の木を撮るのに1~2時間かけるのだとか。
それで、風景をこんなふうに切り取れるのかと思った。  

ABRUZZO/アブルッツォposted with ヨメレバ

マイケル・ケンナ/MICHAEL KENNA 出版協同社 2017-09-15 Amazon Kindle 図書館