この2年の体重維持を振り返ってみる

ちょっと太っている自分が気になって、無理しない程度に色々試しながら2年くらい経った。
何をしたら無理なく体重を減らせるかということを、ここ2年くらいの行動とともに振り返ってみました。
  
×食事制限(糖質制限)
食べたいのに食べられないので、ストレスが溜まる。最初のうちは、糖質制限するという状態が新鮮で、炭水化物を食べないでやっていけるけど、世の中からお菓子の誘惑が消えることはなく、お土産だ両親から届いた荷物に入っていただの、お菓子が家に無い状態をキープできることは稀で、そのうち必ず挫折してしまう。制限の反動でお菓子をドカ食いしてしまうことも。
 
結局、1kgほど体重が減ったけど、体脂肪率は変わらず。筋トレマニアの友人からは「それって水分が減っただけでは」と言われた。
 
〇ジム通い(ウォーキング+筋トレマシン)
 体重は少しずつしか減らないけど、通って2か月で体脂肪率は約1.5%減った。心身の調子が良い。特に精神面の安定を感じる。そして筋肉がついた。Tシャツの肩幅が合わなくなった。
 
△ストレッチや家で筋トレ
 何冊か「家でできる筋トレ」「ストレッチ」系の本を買ってやったけど、痩せるほどの効果はなかったです。ただ、血行がグンとよくなった感じがしたりと、身体にとって何かしらいいことはあると思います。
 
という訳で、地道ですが有酸素運動をコツコツやることが体脂肪率を減らして体重を減らすための近道だと思いました。運動嫌いですが、年齢を重ねても体重、体力そして頭脳をキープしようと思ったら運動から逃げる道はないようです。
  
テクノロジーが発達していくことによって、スマホアプリやウェアラブル端末を使って、自分の身体が今どんな状態なのか簡便にモニタリングできるようになると聞きます。足りてない栄養素は何かとか、運動は睡眠は足りているかとか。こういうものも活用して、運動と健康を大事にしていきたいと思います。