【便利ですよ】Suica付クレジットカード

自分の周りでは現金を券売機に投入してSuicaなどの交通系ICカードにチャージしている人が多くて、オートチャージにしている自分が意外と少数派だったので、便利ですよとお伝えします。
 
JR東日本のビュースイカカードの例をお話します。
   
https://www.jreast.co.jp/card/function/
 

クレジットカードとSuica(他の交通系ICでも)カードが1枚で兼ねている
 クレジットカードの右上にSuicaマークが着いています。
   
自分で設定した金額より、チャージ金額が下回っていると、鉄道の改札で「ピッ」とタッチした瞬間に勝手にチャージされる(オートチャージ)
  ちなみに私はSuicaのチャージ金額が3000円より少なくなると、10000円課金されるように設定しています。
  
   
・一回のチャージ金額は、自分で設定/変更できる
  
・チャージした額は、クレジットカードで利用請求される
  
・JRでも、私鉄(PASMO)でも路線を問わずチャージされる

   
・通勤定期券も同じカードにつけられる
 たまに定期が期限切れになっていても、オートチャージで電車賃が払われ続けて改札機にストップされることがなく、期限が切れていることに気がつかないので注意。
 
カード裏の黄色で囲った枠内に定期券の表示(区間や期限など)が印字されます。定期の購入は券売機で。定期券代も一体になっているクレジットカードから引き落とすことができます。もちろん現金でも支払えます。
   

 
一番便利だと思うのは、券売機でチャージする手間が省けるということではなく、「ATMから現金を引き出す回数が、激減したこと」です。
  
首都圏に住んでいると、便利なことに電子マネーが普及していて、
・少額の買い物はスイカで
・高額の買い物はクレジットカードで
と現金を使う機会があまりありません。
 
私はこのSuica付きクレジットカードを持つ前は月に3~5回くらいATMで現金を引き出していたのが、Suica付きクレジットカードにしてから月に1回くらいしかATMを利用しなくなりました。
 
コンビニにもATMがありますし、現金引き出しするのもそんなに手間じゃないよ、と思われるかもしれませんが、ATMを利用しない生活をしてみるととても楽ちんです。財布にお金がいくら入っているかを気にしない生活はストレスが一つ減って楽になった感じがします。そのかわり、どのくらいお金を使ったか、ネットでチェックしないと分かりにくいという点はありますけれども。
  
新たにクレジットカードを作るのは面倒臭かったりしますが、本当に便利なので価値があると思います。そのうち、全部の機能はスマホに移行して、カードすら要らなくなる日も近いとは思いますが。