【スーパーに行かない】完全ネットスーパー化は、「週一系」+「すぐ届く系」の2店構成で落ち着きそう 

ワーキングマザーの私が少しでも時間を作るために、スーパーに行かないと決心してみたことを、以前の記事で書きました。
今ではネットスーパーも使っているけれど、結局スーパーにも行って買い物をする、という二度手間をしていました。どういうネットスーパーを使って、どう注文すれば心地よくて、スーパーに行かなくてよくて、今後も続けられるか、しばらく試行錯誤してみました。結果、①と②の2店舗をコンスタントに使い続けるのが、一番便利で落ち着きそうです。
 
①決まった曜日に届けてくれる系のネットスーパー(生協、オイシックスなど)
 
(利点)毎週同じ曜日に注文締め切りが来るから、一度慣れてしまえば、注文することを忘れにくい。何かしら、食材が家にある状態をキープできる。
(欠点)届く数日前に注文する必要があるため、数日後の献立を事前に考えておくのが難しい。
   
何日も前に注文しないといけなかったり、注文方法が独特だったりと、慣れるまで時間がかかります。しかし、その都度注文しなくても、最初に登録さえすれば毎週届け続けてくれるサービスや、あらかじめ金額を指定しておくと、その金額に見合った内容をスーパーが見つくろってくれた内容を届けてくれるサービスを利用すれば、毎週なにかしら届くので助かります。
 
私は、使いまわしの利く食材、卵、牛乳、いざとなったらサラダか味噌汁に入れてしまえるような野菜、ひき肉、そういった食材をこの「毎週届く系スーパー」で購入しています。
そして、週一系スーパーで届いた食材をベースに、「この食材があるから今週は〇〇を作ろう」と献立を考えていきます。
  
②「作りたいもの」「あれが足りない」を補うすぐ届けてくれる系のスーパー
ネット注文すると、その日のうちに届けてくれるスーパーのありがたいところは、具体的に「あの料理が作りたいのに材料が足りない」「週一系で頼み忘れた」といった、その時その時にニーズに対応してくれることです。
  
①の週一注文系のスーパーで、週7日全ての日で使う食材を予想して購入することは困難です。どうしても「買い忘れた」という食材が出てきますので、それを補うのに最適です。品揃えの幅も、週一系スーパーより広いです。
  
Amazon Fresh、イオンネットスーパー、西友など。最近は、どこも使い勝手も品揃えもよいみたいですが、私はAmazon Freshが気に入っています。買い物しやすいことと、配達時間帯の指定が小刻みにできること、オイシックスの美味しい野菜が買える事などで気に入っています。 
 
すぐ届く系のスーパーたちは、とても使い勝手がよいです。注文方法も、分かりやすい。もしかしたら「週一系スーパー」を使わず、「すぐ届く系スーパー」だけで買い物しておればいいのでは、と思われる方もおられるかもしれません。
 
それでも、私が週一系スーパーを使い続けるのは、毎週決まった曜日に「今週は何を食べようか、献立を考える時間をとる」ことで、次の一週間、少しの余裕を持って行動することが出来る気がするのです。「今週は、何曜日は夫の帰宅が遅いから夕食は要らない」など、頭のなかでおさらいしますので。
  
おそらく、そそっかしい私の性格から、すぐ届く系スーパーだけの利用だと、「その日の夜に食べるものがない」とわーーーっと慌てて注文し、そして注文忘れが出る、ということになりかねないです。「スーパーマーケットに行かない」と決めると、わりと浮く時間ができます。だから私は、しばらくは週一系+すぐ来る系の2店構成で行こうと思います。