【Windows10 フォトでスライドショービデオ作製】初心者ながら、Youtubeに動画をアップしてみた

Youtubeに動画をアップするなんて、どうやってやるのか想像もつかなかったのですが、子供と思い出を作りたい一心でトライしたら意外と簡単にできました!

子どもとタブレットでやっているゲームのスクリーンショットをつなげる形式で、動画を作りまし。動画編集で使ったのは、Windows10に搭載されている「フォト」機能です。
撮った写真やビデオをつなぎ合わせて、画面にコメントを文字で記入し、とても簡単にビデオが出来ました。PC音痴の私でもできた、そのやり方をご紹介します。

①Windows「フォト」を開くとPC、またはOne Driveに保存された写真が一覧で表示される

拡張子は.jpgでも.pngでも読み込んでくれるようです。保存してからフォトに反映されるまでに少し時間がかかるようですが。

②ビデオに入れたい写真を全て選択し、「テキスト入り新しいビデオ」をクリック

(ここで選択しそびれた写真があったとしても、後から足せます)

ビデオのタイトルを入力します。保存したときのファイル名となります。

③ビデオを編集する

ビデオの編集画面。すでに、たたき台となるビデオ(スライドショー)をソフトが作って、画面右に表示してくれています。

画面左は、②で選択した、ビデオの素材となる写真たちです。こちらから写真を削除するとビデオからも写真が消えるので要注意。あとは、ビデオを好きなように作り込んでいきます。

③-1写真の順番を入れ替える

画面下に、ビデオでの再生順に写真が並んでいます(以下、コマ写真と呼びます)。コマ写真はドラッグ&ドロップすることができますので、表示させたい順番に並び替えます。

③-2表示時間を調節する

それぞれのコマ写真の左下に「3.0」などの数字が表示されます。これは、ビデオでそのコマ写真が表示される秒数です。
「期間」を選択すると、表示秒数を変更することができます。

③-3テキストを入れる

ビデオに文字を記入したいときは、コマ写真を選択し「テキスト」をクリック。

テキスト編集画面に移ります。
テキストを編集し、右上「✔完了」を選択します。

③-4写真やビデオを追加する

左上のウインドウから「+写真とビデオの追加」を選択します。

選択画面から、ビデオに追加する写真を選びます。

④Youtubeにアップロードするために、ビデオをエクスポートする

作成したビデオは、「ビデオをエクスポート」という作業をするとパソコンの指定のフォルダに保存されます。

ファイルのサイズをSMLから選べます。「M オンラインでの共有に最適です」となっておりますので、今回Mを選んでYoutubeにアップロードしたら、少し画面が荒いように感じました。次回はLでやってみようと思います。

フォルダにビデオが保存されました。

Youtubeにアップロードするときは、Youtubeのアップロード画面から、こちらのファイルを指定します。

作成した動画です。「東京タワーをつくってみた」