WordPressブログ メンテナンス講座に参加


ブログの師匠(ものくろ師匠)のレッスンに参加しました。
このブログを始めたのは、漠然と「ブログやってみたいな」と思っていた時に、噂に聞く師匠のレッスンに参加してみたのがきっかけでした。ちなみにこのブログのタイトル「理系女子サバイバル」は、その時一緒に受講した仲間と考えたものです。
 
このブログはWordpressというソフトを使って書いています。IT音痴の私が無料のブログサービスでなく、有段者(?)向けのWordpressを使ってブログを始めることができたのも、師匠のレッスンに参加してWordpressの魅力を知ったのがきっかけでした。
とは言え、私がいくら「wordpressでブログやってみたい」と思ったところで、IT知識も時間もない私には難しくて出来る訳がないです。が、師匠の凄いところは、そんな入門者の私にも、有段者の技を繰り出すに至る最短・最適の道を教えてくれることです。このブログは師匠に教えてもらった本を読んで、見てくれは大分悪いのですが、自力で一日で立ち上げることができました。(師匠の名誉にかけていうと、師匠に指南していただきながら解説された方のブログは、それはそれは格好よくて素敵です!)

以来少しずつ書いているこのブログですが、最近、ブログの管理画面に「○○にアップデートできます」といったメッセ―ジが常に現れたり、プラグイン(ブログの作成を便利にするツール)がいつの間にか使えなくなっていたりと、不具合が色々起きるようになって、どこか気持ち悪い思いを抱えていました。

昨日のレッスンは、こうしたWordpressブログにかかわる諸問題を解決するためのメンテナンスのやり方を、私のような初心者にも平たぁ―――く教えてくれるレッスンでした。感想を早速書くと、やはり、受けてよかったです。
例えば、ブログを書くのに使われているphpという言語が何か、どうやってアップグレードするのか、サーバーがどこにあってブログのバックアップを取るにはどうすればよいのか、ブログの記事や写真はどこにどういう形で保存されているのか…などなど、どれも自力で理解するには膨大で難解。それでもそれらを把握しておかないと、日々アップグレードされるWordpressやプラグイン、ブログテーマなどに、近い将来置いてけぼりにされるのは目に見えています。IT技術やサービスの進歩はめまぐるしいです。
そしてこういう事を放置しておくと、下手すると悪意あるプログラムに乗っ取られたり、せっかく始めたWordpressブログが、ソフトの更新をさぼったおかげで格好悪いHPになってしまうかと思うと(今でも格好よくは無いんだけど)講座を受けといてよかったと本当に思います。

今、wordpressの画面でブログを書きながら、昨日ソフトを更新したおかげで、「画面の表示が色々変わったなぁ」と操作に戸惑いながらも、自分の手で自分のホームページをちゃんと手入れできて嬉しく思っています。
師匠の講座は年に一度くらい受けるのですが、お会いする度に、ホームページを作ることやIT機器を駆使することの奥深さを痛感します。IT時代の裏側には、私の知らない世界が濛々と広がっていることを感じさせてくれますし、また、分からないことは自分でどうにかしようとせずに、さっさとその道の達人に教えてもらった方が良いということを、思い出させてくれます。