転職後「ここに居るべきでない」と感じたら

「場違いな場所に来てしまった。」

転職して新しい会社で働き始めて、数か月が経ちました。
新しい職場に馴染むというのはそれなりに大変でした。その職場ごとの人間関係や考え方、コミュニケーションの取り方が暗黙知としてあり、当たり前と思ってやったことや言ったことで、周囲のひんしゅくを買ってしまったことも何度かありました。男性が多い職場と、女性が多い職場とで、職場内のコミュニケーションの取り方も大きく違いました。長年その職場にいる方から「新入りは黙っていて」というような露骨なマウンティングにあったりもしました…(汗)

コミュニケーションの取り方に加えて、周囲に比べて専門知識が足りないことも多く、特にここ1か月くらいは疎外感を感じるような出来事がいくつか重なって「自分はここに居るべきじゃないんだ」と、気分が落ち込んでいました。「自分は周りの人に比べて劣っている人間だ」とか、「私は生きている価値が無い」といった考えがぐるぐる頭の中を渦巻くし、休みの日もとにかく憂鬱。何もしたくない。背筋を伸ばすのも、何なら、息をするのも疲れる気がする。言わば「プチうつ状態」にまで落ち込んでしまいました。

でも、ですね。こうして落ち込んでいても、状況は変わらない訳です。
私は、もともと口も重く人当たりも悪いほうなのですが、黙っていても誰も察してくれないことを肝に銘じなければならないのです。

新卒からずっといた会社と違って、長い時間を共有した仲間がいる訳でもない。
親身にフォローしてくれる先輩がいる訳でもない。
愚痴を言える同期もない。

では、どうやって状況を変えていくか。いくつか方針を考えてみました。

思っていることを言葉にする練習
もともと、人に物事や気持ちを説明するのが得意ではないです。そこに来て、人のコミュニケーションの機会が少ない仕事…。人とのコミュニケーションの絶対量が足りないと思居ます。
どうやってそれを補って鍛えていくか考えてみたいと思います。

悲観的に考えすぎない練習
そもそも、自分が思っているよりも悪い状況ではないのに「自分はダメだ」と落ち込む癖が私にはあります。それで苦手意識を持ってしまったり、諦めが早かったりと悪い結果を招いていることが多いです。

人当たりをよくするには
私は「怖そう」と思われていることが多いようで、相手に身構えられてコミュニケーションがスムーズでないことが多いと感じています。
表面的なテクニックだけではなく、マインドセットから学びたいです。

ひとつづつ、時間はかかると思うのですが掘り下げていきたいと思います。