TWG tea は「トワイニング」にあらず。

TWG teaとTwinings

TWGの紅茶。お洒落なパッケージに、東京に4件しかない店舗(2017年1月現在)。私のような東京初心者が惹きつけられないはずはありません。
喜び勇んで、故郷の友達へのお土産にしたところ、友人の第一声「あぁー、トワイニングは美味しいよね!」

トワイニング?…ん?ん?

「トワイニングとは違うよ!」とすぐさま反論したかったのですが、まったく関係ないとも断言できませんでした。だって、トワイニング、頭文字とったらTWGですし…。気になります。それに、次は自信をもって解説したいという見栄も手伝って、両社のホームページで確認してみました。

TWG tea

・「TWG」は企業名The Wellbeing Group(ザ・ウェルビーイング・グループ)の略
※他サイトではThe Wellness Groupとも記載。

・2008年、シンガポールで設立されたブランド
(ラベルにある1837年は、「商工会議所設立によって、シンガポールが茶葉やスパイスなど美食家に愛される食材・食品の貿易基地となった年」、とのこと)

Twinings

・「Twinings」は創業者トーマス・トワイニング

・1706年、ロンドン・ストランド地区にコーヒーハウス「トムの店」をオープンしたのが、Twiningsの始まり

というわけで、やはりTWG teaとTwinings teaには関係がなさそう、という結論に達しました。

ちなみに、私がTWG teaで好きなところは、紅茶のネーミングです。
シルバームーン、ホワイトハウス、レッドバルーンなどなど、香りでなく、色や情景を想い浮かべる名前が多んですよね。名前を聞くだけでイメージが膨らんで楽しいんです。イメージで紅茶を選ぶ、そういう楽しみ方も悪くないかと思います。