【ワーママ転職】転職前後での、権限の変化

今回は転職前と転職後、仕事での権限の変化を比べてみたいと思います。
あくまでも、私が以前勤めていた日本企業と、今回働き始めた外資企業の、たった2社の比較ですし、管理職にもなっていない、いち若手社員の感じているところにすぎませんが。

どこでもそうかもしれませんが、私が新たに働きはじめた外資企業でも、要職は、ほとんど海外の本社の人間が占めています。直属の上司が外国人、とまではいきませんが。
そして、この企業で日本人トップの出世をしたとしても、その権限は日本の会社のトップ、たとえば経営陣やその下くらいのレベルにも、遠く及ばないように見ていて感じます。だいたい、重要なことは本社が決めますしね。

ところが、担当者レベルでは、一人の担当者に任せられる業務の範囲が、内資企業よりもずっと広いと思います。

前に勤めていた企業では、担当者が貰える仕事は本当に限定的でした。
不安の裏返しだと思うのですが、管理職のおじさん達があれこれと細かい所まで決めないと気が済まない。ちょっと判断が要るようなことについては、関連の部署に「どーする?これでいい?」と「お伺い」を立てる、話はもつれ、なかなか仕事がすすまない。

そして、私たちに降りてくるのは判断の要らない単純仕事ばかりでした。たまに、ちょっと責任のある仕事を振って貰えたと思ったら、「これじゃダメだ」と言わんばかりの些末なダメ出しばかり。なぜかいつも「忙しい、忙しい」と溺れそうになっている管理職と、仕事がない若手。仕事が回っていない、そんな風に感じていました。

今いる外資企業では、「本当に、私が決めちゃっていいの?」というくらい、任せて貰えることが本当に多いように思います。これがなぜなのか、人が足りないからか何なのか、まだ見切れていない所はあるのですが。自分で予算を組み、計画を立て、周囲と話を付け、動かしていく。こういう感覚を、以前勤めていた会社にいたとき渇望していました。そして、転職の動機となったのでした。

転職するとき夫に「バカだなぁ、日本の会社っていうのは、ただ長くいるだけで、将来それなりの扱いをしてくれる所だよ」と言われた。そのスタンスは、たぶん賢いでしょう。外資企業では、若手の頃はバリバリはたらいて、立場が上るほど、権限は少なくなる。私は、じっとしてるのは性に合わなくて、転職の道を選びましたが、この先何を目指すのかは、まだ答えはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください