母のキャリアは難しい~「マミートラック」での思い

以下は、約一年前に書いたものです。
 
前の会社では、出産後、どうにもやりがいのある仕事が貰えなかったのですが、
それでも、いつか思い切り働ける日が来るかもと、頑張って前向きでいました。
 
結局その会社を去って転職したけど、転職しないでずっとそこに居たら、いつかまた仕事でやりがいを感じる日は来たのでしょうか。

一年前の日記

会社に勤めていると、不本意なこと、理不尽なこと、本当に多い。「やめてやる、こんな会社!」って思うことだって多い。
 
だからといって、すぐには辞める決心はできない。
 
「引っ越し先で、保育園は確保できるか?」
「転職して、残業が多い職場だったらどうしよう」
「二人目を産むタイミングが難しくなる」
 
子供が生まれる前に比べて、しがらみが多すぎるのだ。
 

子育て中の女性を抱えた職場は、どういう職場であるべきなのだろう。
私は育児休暇を取った後、スムーズに職場に戻れた訳ではなかった。
育休復帰直後から、残業しなければこなせない程の仕事量、こなせないと罵倒され、やむなく部署移動を申し出た。
 
 
そして、私が今いるのは、いわゆる「マミーズトラック」化している部署だ。
「君の力を借りたい」と甘い言葉とともに、つれて来られた職場。

けれど内実は、自分でやり方を決めることもなく、日々、大量の書類を作成するという単純仕事。
ワーキングマザーは他にも数人いるが、決定権を持っているのは、同年代の男性社員。
 
会社に置いてもらっていいるだけで、贅沢なことかもしれない。けれど、仕事の面白さは、はっきり言って産休前よりずっと低くなったというのが本音だ。
 
何人かの転職エージェントに相談したけど、やはり小さい子供を抱えての転職はうまくいかない気がする。
それは、冒頭に書いたような理由だ。だから、今は悔しいけど、マミーズトラックで黙々と仕事をすることに決めた。
  
女性でも活躍できる企業に勤めている友人の話を聞くと、胸が苦しくなる。もう一度、学生時代にもどれたなら、迷わず、そういう企業に入りなおした。けれど、わざわざこういう企業に入ったのは、自分の選択なんだ。
 
人生は、いい時もあれば、悪い時もある。今はたぶん、会社人生では、悪い時だ。
 
子どもを持ってよかったことの一つは、日々成長する子供のそばにいることで、「今の状態がずっと続くわけではない」と学んだことだ。
だから、不本意な時期でも、思いっきり有意義に過ごそう。自分の技術を上げるのに、時間を割こう。もっと仕事で躍動できる日がくるまで、前向きに過ごそう。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください