発言機会

会社を変えてよかったと思うのは、発言の機会が増えたことです。
「発言」といっても、立派な意見ではなく、ごく普通の仕事に関するコメント程度のものです。

以前いた会社では、ミーティングでは女性は下座、そして発言を控えていることがほとんどでした。
思い切って会話に入ったら、男性上司にスルーされたこともありました。
部署横断型のプロジェクトに、女性が入る機会も少なかったです。

こういうことの積み重ねが、仕事に対する意欲や主体性を奪っていくと思います。

女性が多い企業に移って思うことは、ミーティングで女性の発言が多い事です。
誰しも、思ったことを発言していい。そういう空気を嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください