【ワーママ転職】転職エージェントさんのこと(1)

大手の人材紹介業者(「○○ナビ」とか)以外にも、業界に特化した中小の紹介業者は沢山あります。
「○○ナビ」のHPに登録すると、提携するたくさんの紹介業者から、「求人を紹介したい」と連絡があります。
私にも、いくつかの紹介業者さんがご連絡をくれました。けれど、紹介してくれる求人の種類は、
どこの紹介業者でもあまり変わらなかったようにも思います。私が志望した分野に限った話かもしれませんが。
 
業界の仕組みをあまり詳しく存じませんが、転職が決まった後に、転職先の企業から人材紹介会社に「紹介料」として支払われる形かと思います。転職希望者からは料金が発生しないようですね。
転職が1件でも成立すると、紹介業者は、結構な額の収入があることかと思います。

もしエージェントさんが打算的にやろうと思えば、転職希望者のニーズにかまわず、どんな会社でも良いように紹介して、転職を成立させて紹介料を得ることも、極端な話では可能なのかな、と思います。
で、さらにその企業が嫌になって辞めて、また転職活動…となると、再度紹介料を得るチャンスになる。
良心なく、利益を追求する事も可能なのでは、と思ってしまいます。

せっかく心を決めて転職活動するのですから、納得いく転職にしたいですよね。
そしてただ会社を変わるだけでなく、人生がより良いものになるように、親身に考えてくれるエージェントさんを選びたいものです。

ところで、ワーママならではの厳しさを感じたのは、本格的に転職活動を始める約一年前、とある転職エージェントさんと面談したところ、
「子持ちの人に、求人を紹介するつもりはない」と突っぱねられたことです。
「子持ち女性は求人を紹介しても決まらない確率が高く、決まりそうになったたとしても、残業はどれくらいかかるのか、等、入社先の企業と折衝するのが非常に面倒だ」というような理由を仰っていました。
更に具体的には書きませんが、ワーママに対してかなり辛辣な事を面と向かって言われ、かなり悔しい経験をしました。
大手の紹介業者で、女性のエージェントの方で、とてもショックを受けました。転職は難しいのだと思い、しばらく転職活動を中断しました。

転職活動を再開した後も、エージェントからコンタクトがあった場合、必ず「子どもがいるけど、転職活動をお手伝いいただけますか?」ということを聞くようにしていました。
幸い、連絡をくれたとあるエージェントさんが「子どもが居ても採用してくれるかどうかは会社によって違うので、受けてみては」と言ってくれました。私の志望する業界に強く、女性で歳も近く、親身に相談に乗ってくれそうな方だったので、この方と主にやって行こうと思いました。 (続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください