「子どもを長時間預けてまでする仕事だっけ?」ワーキングマザー、転職活動に踏み出す

半年前、転職活動を始めた。色々なことを考えた。その時思っていたことを書いてみた。

当時働いていたのは、子持ちの女性社員ばかり集められた部だった。
プロジェクトはどんどんスケジュールから遅れていっているのに、私たち部下は仕事を割り振って貰えず、デスクで暇をつぶしている状態だった。

上司や同僚に何かと提案したり、働きかけたりと頑張ってみた。全く無駄ではなかったけど、現状はほとんど変わらなかった。

保守的な会社。
波風立てず、自分について悪い噂を立てられることなく、不満を感じても黙ってやり過ごすことは重要。その会社の一員でいさえしていれば、悪いようにはされない。

諦めて、仕事をしているふりをすることが、一番楽で、そして効果的でもある過ごし方だった。

でも、子どものことを考えるたびに心に突き刺さる一つの疑問。

「子どもを長時間、保育園に預けてまでしてする仕事だっけ?」

当時、子どもは2歳くらいだったと思う。まだ小さい子どもを毎日長い時間、保育園に預けて会社勤めをしていた。母親と一緒にいたいであろう時期。だからこそ、こんな疑問が浮かび、色々な考え方が頭の中を巡っていた。

答えは「イエス」、会社にいることには価値がある

たとえやることがあまり無くとも、お給料を貰えるというだけで価値があるし、会社もそれくらいしか働かない人間を抱えておくことも、無駄だと思っていないのだろう。

会社に長く在籍するということは、それだけで価値がある。同じ事を言っても、若い人が言う時と、ベテランがいう時とで周囲の納得具合が全然違う。ベテランだからって、かならずしも的を得たことをいう訳ではないのだけれど、周囲への説得力は、年月が生み出す価値だ。

それに、会社の一員で居さえすれば、いつしか責任のある仕事を任せて貰える日も来るだろう。特に新卒で入社した会社だと、何かと気にかけてくれたり、かわいがってくれる人もいる。

だから、今、仕事がなかろうと同じ会社に居続けるべきだ。

答えは「ノー」、会社にいるだけで仕事しておらず、実力がついていないから

デスクでダラダラと過ごす毎日の中、ふと思った。
「時間の無駄じゃないか、この1年半、成長や新しい学びはあったか。環境を変えた方が良いのではないか」と。

でも今、こんなに仕事してないのに、突然新しい職場に飛び込めるだろうか。
何年か前、マネジメントできる実力も無いのに後輩を持たされ、後輩から激しく反発されたのを思いだす。男社会では、女性が力を持とうとすると厳しい。

ダラダラとマミートラックで働いてる自分だけれど、その間も必死で働いていたる人と、実力の差は歴然としているのではないだろうかと焦る。

考えても結論は出ない

子供を抱えて、新しい世界に飛び込むのは怖い。
不満があるとは言え、新卒からずっと勤めてきた。居心地はいい。
新しい会社に移ったものの、家庭と仕事両立できなかったらどうしよう。不安がよぎる。

ダメなら、留まるだけだ。
とにかく、採用試験を受けるだけ受けてみよう。このまま、動かずに留まったら後悔するかもしれない。

自分のやりたいことはここには無い気がする。
最後は、そういう心の声に従って、転職活動をはじめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください